クラスTシャツの費用と役割分担

イベントなどの記念品となると同時に、一体感を高める衣装にもなってくれるアイテムとしてオリジナルTシャツが有用です。主にオンラインでの受注で印刷サービスを行なっているところが増えてきていて、1枚当たり1000円から2000円程度の相場で作ることができます。また基本的にどのサービスでも注文数が増えるにつれて1枚当たりの単位が安くなるので、複数のクラスでまとめて依頼すれば数百円の出費で済む場合もあります。細かな点を含めると非常に数多くのサービスが提供されているため、クラスTシャツを作成することが決まった時点で探し始めた方が良いです。いくつか候補をピックアップして、どの様な内容で作っていくかによって絞り込むと、無駄が少なく経済的に進められます。

印刷方法が仕上がりと料金に反映されます

クラスTシャツを作成する際は、大体のところでまず印刷方法を選択することになります。メジャーなのはシルクスクリーンやインクジェットといった方法ですが、仕上がりと共に料金が異なります。シルクスクリーンは一つの型を作ってしまえば何度でも刷ることができるので、大量生産に向いています。また使用する色数が少なくなると料金が割安になるプランを用意しているところもあるので、シンプルなデザインに向いていると言えます。逆にインクジェットはそれよりも割高になりがちですが、細かなデザインを得意とします。この2つの他にもいくつかの印刷方法があり、いずれも違う強みを持っています。それを活かして、コスト削減と同時に求める仕上がりをしっかりと実現してくれるかどうかも考慮しましょう。

発注・デザイン・集金を分担した方が良い

クラスTシャツの作成をオンラインで依頼する場合は大体数日かかりますが、大量に注文するのであればさらに余裕を持って連絡しておいた方が良いです。デザインがなければ進まないので、早い段階で完成しておく必要があります。クラスのような大人数であれば意見の数も多くなるので、大体のイメージが固まった後は、絵の上手い数人に任せた方がスムーズに進むでしょう。その流れをしっかりと管理できる、リーダーシップのある役割が必要です。そして実際の注文は責任者の立場にある人に頼んだ方が望ましいですが、そうでなければミスのリスクを考えてリーダーを含む複数人で担当すると良いです。その人たちにそのまま会計の連絡が来て集金をしても問題はありませんが、個人の負担を減らすのであれば担当の役割を作成しても良いでしょう。